前へ
次へ

離婚裁判における法律とは

日本にはたくさん法律がありますが、離婚裁判をするときにも法律が関係してきます。離婚裁判に出て来る法律の一つは、裁判をするまでにかかる手順が掲載されています。通常離婚裁判をいきなり行うことができません。例えば当事者間で話し合いもしていないのに、いきなり離婚裁判ができるというわけではないわけです。そもそも気軽に裁判をしてしまうと、裁判所がパンクしてしまうからです。通常最初の段階では当事者間の話し合いを行いますが、話し合いが物理的にできない場合などは、離婚調停と呼ばれるものを行います。離婚調停を行った後には、たいてい決着がつくものですが、それでもなお決着がつかないことも考えられるでしょう。その後にようやく離婚裁判ができるようにしてあります。離婚裁判をする人が少ないのは、たいてい弁護士を挟んだ調停で結果が出てしまうからです。第3者を挟めば冷静になって話し合いをできる夫婦が多く、そのため裁判をするに至らないと考えられます。

Page Top